2006年09月24日

湯谷温泉(富山県)

というわけで、あまり温泉に行けなかった2006年の夏ですが、
そんな数少ない湯巡りのラインナップの中での、珠玉の1湯がコチラ、
富山県にある湯谷温泉です。
ぬるめの極上湯という話を聞き、是非夏に泊まってみたいと思っていました。

砺波の市街地から20分ほどで一気に山の中。
車を停め、ちょっとした坂を下ると・・・

yudani_entrance.jpg

こんな素敵な旅館が。
田舎のおばあちゃんち的な、のどかな空気が漂っています。

yudani_room2.jpg

裏はこんな感じ。

チェックインし、お部屋に入ると

yudani_room.jpg

どーーーんとダムが目の前にそびえ立っています。
なんだかワイルドな感じ。
一目で気に入り、速攻で2泊目の予約をしてしまいました。

何はともあれ、お風呂に向かいます。(写真は翌朝撮影したものです)

長い廊下を進み、階段を下ります。

yudani_step.jpg

何年か前の台風時に壁が流されてしまったとか。

yudani_shelter.jpg

階段からなにやら怪しげなドーム型シェルターのようなものが。。。
これが浴室なのです。

いよいよ浴室に到着。男女別内湯各1です。

浴室の扉を開けるといきなり階段。そしてその下には。。。

yudani_bath1.jpg

じゃーん!超ド級の掛け流しです。
定員5人くらいの小ぶりな浴槽から大量の湯があふれ出て、
洗い場は完全に水没。階段も一段湯に浸かっており、足湯状態です。

そして大砲のような湯口です。
ここからジェット水流で大量の湯が噴き出しています。

リラクゼーションの殿堂!映像部に動画をアップしました。

体温よりちょっと高めくらいの湯温です。
かなり深めの浴槽です。
むしろ、排湯が追いつかなくて水位が上がったと言うべきかも知れません。
白い湯花も少し舞い、ほんのりではありますがちゃんと硫黄臭硫黄味でした。

浴槽に浸かった瞬間から大量の泡が体につきます。
泡の上に更に泡が重なりついてきます。
払っても払ってもとめどもなく付いてくる泡に、泡付き湯フェチの私は大喜び!
時間が経つのを忘れて、泡と戯れてしまいました。

しかしあまりの気持ちよさに油断をしてのんびり入ってしまうと
ぐたーーーっと体にきます。
湯気抜きが天井の小窓のみなので、蒸し風呂状態になっていますし。


いやあこれは本当に素晴らしいです!
病み付きになりそうです。
posted by mayu_october at 02:02| Comment(13) | TrackBack(0) | 中部北陸東海地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またもやごめんなさい。。。

またまた更新をさぼっているうちに、彼岸も過ぎてしまいました。(滝汗)

そういえば旧「リラクゼーションの殿堂!温泉部」を始めてから2年、
こちらに引っ越してきてから1年のアニバーサリーを迎えていたようです。

どうにかこうにか続けてこられたのも、見に来てくださる皆様のおかげです。
いつも本当にありがとうございます!

月刊どころか季刊?っていうくらいの頻度の更新で
本当に申し訳ないです。。。
今後も細々ながら(細過ぎぢゃ)何とか続けていく所存ですので
たま〜〜〜〜〜にでも見に来てくだされば飛び上がって喜びます。

このところあまりがつんとまとまった湯巡りが出来ないでいます。
ブログ更新の宿題がコレ以上溜まらないのは。。。きっといいこと。。。
なのかも。。。知れません。。。(号泣)

サンインはV!の続きもおいおいアップしたいと思います。
posted by mayu_october at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

亀ヶ池温泉

kamegaike1.jpg
愛媛県の佐田岬半島にある温泉です。鹿児島県の「平川とうふ店の湯」を思わせるような屋根の立派な温泉マークがシビレさせてくれます。
平成19年には大型温泉施設として生まれ変わる予定の仮設温泉施設です。四国としては珍しく46度の高温泉です。

kamegaike2.jpg
コンクリーで出来た内湯と樽風呂の露天があります。この樽風呂が実に気持ち良いです。入ったときのお湯が溢れ出す「ザブーン」って感覚はこのような風呂が一番味わえますよね。
タグ:温泉
posted by swan at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国四国地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。