2006年10月31日

宝喜温泉 宝喜温泉館

次に向かったのは、宝喜温泉「宝喜温泉館」であります。

hoki_entrance.jpg

日帰り入浴施設であります。

男女別内湯各1です。
大浴場と打たせ湯つきプールがあります。

大浴場には寝湯、大浴槽と水風呂があります。
なんと全ての浴槽大量掛け流しであります。

プールは15Mほどの小ぶりなもの。
小ぶりとはいえ、プールのお湯も源泉掛け流し。
とんでもない使用量だなあ。。。
打たせ湯の湯がプール浴槽に注がれています。

ほんの〜〜〜〜〜〜り炭酸金気味+ちょびっと卵味であります。

hoki_harigami.jpg

「三ない」がキャッチフレーズ。
「それだけの湯量と温度がある。」のフレーズに説得力があります。


これだけの施設で全て掛け流しというのは、よほどの湧出量なんだなーと思いました。
posted by mayu_october at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国四国地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

東郷温泉 老人センター東湖園

どんどん東へ向かいます。
次の温泉は、東郷温泉「老人センター東湖園」です。
東郷温泉といえば、以前「寿湯」に行ったので、
今回はこちらにしてみました。

togorojin_entrance.jpg

夕方以降はこの裏口から出入りします。

togorojin_bath.jpg

男女別内湯各1です。
定員10名程の比較的大きめの浴槽に、ほぼ無味無臭無色透明湯が、
結構な量注がれ、浴槽の縁全体からオーバーフローです。
泡つきこそ感じられませんが、この湯量は嬉しいです。
共同源泉と自家源泉の混合の具合で、適温に保っているようです。

お湯的には寿湯の方が特徴ありますが、こちらも新鮮さはなかなかのものでした。

posted by mayu_october at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国四国地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

水木しげるロード

☆写真はサムネイル表示です。
写真をクリックすると、大きく表示されます。


島根を出て、いよいよ鳥取へ。
県境に程近い境港市にある「水木しげるロード」へ行ってみました。

なにしろ大雨の最中でして、車で走りながらちらっと見てみよう、と思っていたら
何と着くや否や雨が上がりまして。
私よほど日頃の行いがいいんだなあと、大いなる勘違いをしながらも
ゆっくりじっくり妖怪達を観察してきたのでした。

smilenezumi.jpg

のっけからねずみ男氏の歓迎を受けます。
ねずみ男なのになんかいい人過ぎないか?

商店街にはたくさんの妖怪のブロンズ像が展示されております。
百鬼夜行なんていいますが、ここにはもっと多くの妖怪ブロンズがあります。

まずはおなじみレギュラーメンバー。

kitarou.jpg medamaoyaji.jpg konakijiji.jpg sunakakebaba.jpg

鬼太郎とめだまの親父、子泣きジジイに砂かけババアです。

nurikabe.jpg aburasumashi.jpg nezumiotoko.jpg

ぬりかべに油すまし、そして「永遠の自由人」ねずみ男です。

レギュラーメンバーの他、特に気に入ったものを以下抜粋で。

yokai.jpg
算盤小僧です。かわいい!!(オフィシャルHP解説)

azukiarai.jpg
あずきはかり。これもかわいい!! (オフィシャルHP解説)
 
rokrokubi.jpg kasa.jpg 
おなじみの、ろくろ首と傘化け。

yamada.jpg
変わり種でサラリーマン山田。(オフィシャルHP解説)
サラリーマンの悲哀が生み出した妖怪だそうです。(涙)

他にもかわいい妖怪くん達が沢山並んでおりました。
どれもこれも、細かいところまで手を抜かない、すごーくいい仕事なのです。
妖怪フィギュア専門の工房も何軒かありましたが、職人技にひたすら感動です。

bread.jpg

商店街のパン屋さん。妖怪パンなのです。

light.jpg

街灯はなんと目玉おやじ!

train.jpg

電車も鬼太郎シリーズです。
猫娘の他に、鬼太郎、ねずみ男などおなじみメンバーの車両もあります。

あっという間に2時間ほど経過。楽しいひとときでした。












posted by mayu_october at 13:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅の情景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湯の川温泉 斐川町社会福祉センター四季荘(再掲)

☆写真はサムネイル表示しています。
写真をクリックすると、大きく表示されます。


ビジホに宿泊し、翌朝大雨洪水警報発令の中を行くのであります。
1発目の湯は湯の川温泉「斐川町社会福祉センター四季荘」です。
「馬湯口」があると聞き、是が非でも行かなくては!ということで今回の訪問です。

shikiso_entrance.jpg

入口はこんな感じ。

shikiso_umauma.jpg

玄関ロビーには早速「馬」。
のっけから「ウマ〜」な気分であります。(どんな気分だ?)

男女別内湯露天各1です。全て塩素循環(半循環?)。

スワンが撮影した男湯です。

shikiso_uma.jpg

おおおおおお!馬であります!
生首か?っていう位の生々しさ。

※以前掲載した記事(動画有)

動物湯口は数多くあれど、馬の湯口っていうのはまた格別なものがありますね。
馬湯口、東に強首ホテルありなら、西には四季荘あり!であります。

shikiso_jb.jpg

女湯はビミョーなライオン湯口。
ほぼジェームス・ブラウンであります。
馬が良かったんだけどなあ。。。

shikiso_roten.jpg

露天は普通に岩風呂の湯口です。

というわけで、馬湯口を拝めて大喜びなのでありました。
それにしてもココ、何故にこんだけ馬が大フィーチャーされているんでしょうか?
posted by mayu_october at 09:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国四国地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出雲駅前温泉 らんぷの湯(再訪)

この日最後の温泉は、出雲駅前温泉「らんぷの湯」です。
前来て、なかなかな感じだったので、また行ってみることにしました。

今回は夜の訪問。らんぷの炎が館内をほのかに照らし、いい風情です。

※写真を撮りそびれました。。。




新たな発見
posted by mayu_october at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国四国地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。