2007年08月30日

赤坂うどん(赤坂製麺所)

讃岐うどん食い倒れの旅 vol.4

次に向かったのは「赤坂うどん」です。

akasaka_entrance.jpg

akasaka_entrance2.jpg

駐車場には他府県ナンバーの車がずらり。
ここも超有名店です。

akasaka_caution.jpg

「いっぱ〜い、に〜は〜い、さ〜んば〜い」とノリノリな声が
外に聞こえてきました。
声を出しているのはココの女将さん。

正にFunky Mama!! 
四国のDJはこの方をゲストに呼ぶべきです!!

「一人分冷たい出汁のをねぎつきで!」とここの流儀に従って注文すると
「おっけ〜い!」とこれまたノリノリなお返事。
営業時間中ずっとこのテンションで、疲れないのでしょうか?

akasaka_diner.jpg

半露天のようなところで頂きます。

akasaka_udon.jpg

もっちもちで、柔らかいのになかなか噛み切れない、しなやかな麺です。
ちょい細めでつるんつるん。
何となく穴吹製麺所の麺を思い出しました。(似ていない気も。。。)
女性的な麺です。
いりこもがっつり効いています。
パッと見醤油がきつそうですが、そうでもないです。
これは美味しい♪

ファンキーな女将さんと、ファンタスティックなうどんが印象的なお店でした。
posted by mayu_october at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん部(仮設) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

岸井うどん

讃岐うどん食い倒れの旅 vol.4

次に向かったのは、「岸井うどん」です。

kishii_entrance.jpg

なななんと!ビニールハウスで出来たお店なんです。
ビニールハウス系といえば、福島県の桧原温泉「桧原塾」
大分県の長湯温泉「ラムネ温泉」の仮設時代を思い出したりしますが、
讃岐うどん屋さんにもビニールハウス系があったとは!!
温泉同様ディープな世界ですね。。。

kishii_entrance2.jpg

何はともあれお店の中へ。

ビニールハウスですが、一応冷房も効いています。
暑過ぎて効きは弱くなっていましたが。。。
ビニールハウス内でがんがん麺をゆでたりしているので、まあ無理もないかな。
お昼時をちょっと過ぎたくらいでしたが、ほぼ満席の大盛況ぶりでした。

kishii_menu.jpg

何気にメニューも豊富です。
今回はデフォというべき冷たい「かけ」にしてみました。

ゆでたてを頂きました!
というか、ゆで置きにする間もなく、お客さんががんがん来ている、といった感じです。

kishii_shoga.jpg

おろししょうがもセルフです。
大根おろしもセルフで入れ放題ですよ。
(ここぞとばかりにがっつり入れる私。。。)

kishii_udon.jpg

写真では分かりにくいんですが、ここの麺、めちゃめちゃ不揃いです。
ほうとうの様な幅何センチもあるものから、冷麦みたいなものまで、
そのバラエティに思わず笑ってしまうくらい。
キャラの濃そうな大将でしたが、そんなお人柄がにじみ出るような麺です。

ディープなお店のディープなうどんでした。
posted by mayu_october at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん部(仮設) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

大川製麺所

讃岐うどん食い倒れの旅 vol.4


次に訪れたのは「大川製麺所」です。
善通寺の街中にある製麺所です。

ookawa_sign.jpg

ookawa_entrance2.jpg

玉売り専門店ということで、丼と箸を持っていったのですが。。。

なんと期間限定でイートインもできるとのこと。
折角なので中で食べていくことにしました。

ookawa_entrance.jpg

ookawa_mise.jpg

隣のテナントを一時的に食堂にしているようです。

ookawa_menu.jpg

卵うどんと普通のうどんの値段が同じなので、卵うどんがオトクですね。
(と、せこい計算をしていたりする。。。^^;)

ookawa_udon.jpg

冷やしぶっかけです。
若干細めで、もちもち系です。結構柔らかめです。

ookawa_tamago.jpg

卵うどんです。釜玉と同じです。
写真では卵が見えにくいんですが、右の方に隠れています。
温かいので、よりもちもち感が増しています。
この麺だと、温かいうどんの方が合う気がします。

出汁はかつお系?あまりいりこの味はしませんでした。

とても爽やかで感じのよい女将さんでした。

posted by mayu_october at 13:03| Comment(2) | TrackBack(0) | うどん部(仮設) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つる一

讃岐うどん食い倒れの旅 vol.4

次に訪れたのは「つる一」です。
通りすがりにお店の看板が目に入り、飛び込みで行ってみました。

tsuruichi_entrance.jpg

看板、かわいい!

tsuruichi_counter.jpg

セルフ店ですが、いろんなメニューがあります。

tsuruichi_hiyashi.jpg

まずは冷かけです。
小ですが、普通の小の倍近くのボリューム。
ちょい細めで、モチモチ。噛みしめるとコシも感じられます。
エッヂなしで、つるつる感は普通です。
いりこがしっかり効いた出汁が嬉しいです。

tsuruichi_cheese.jpg

こちらは「チーズ釜玉」。
ピザ用のようなチーズがトッピングで、釜揚げの麺と混ぜると溶けます。
個人的には微妙。。。乳製品好きの連れは「うまい」と申しておりました。

比較的広めの店内も11時半には満席に近い状態でした。
地元の方に大人気のお店です。
posted by mayu_october at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん部(仮設) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

道久製麺所

讃岐うどん食い倒れの旅 vol.4


今回は車中泊でなく、朝出発だったので、ちょっとスタートが遅れました。

まずは「上戸うどん」に行ってみるも。。。
まさかのお盆休み。ガビーーん!!

次に向かったのは「道久製麺所」です。
あの映画"UDON"にも出たという、玉売り専門の製麺所です。

michihisa_entrance.jpg

12時までと聞いていた道久製麺所ですが、
「うちは10時半までなんですよ」とのこと。ガビーン!!

しかし、余った玉があるとのことで、それを頂くことにしました。

玉売り専門店では、マイ丼&マイ箸、マイ出汁が必要です。
近所の100円ショップで箸と丼はゲット。
出汁は出来れば地元名産の「鎌田の出汁醤油」が欲しかったんですが、
スーパーを回ってもなし。妥協して普通のめんつゆをゲットしました。
(後で高速SAで販売していたことが判明。がちょーん)

michihisa_udon.jpg

余ったゆで置きのうどんとはいえ、うまーい!
さすがにつるつる感はなかったですが、コシは強め。
エッヂもしっかり立っています。
麦っぽい味がしっかりするのが嬉しいです。

ここは再訪の必要ありです。今度営業時間内にまた訪れてみたいと思います。
posted by mayu_october at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん部(仮設) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。