2007年11月23日

雲仙温泉 新湯共同浴場

福岡佐賀長崎熊本大分 ぶらり二人旅


引き続き雲仙温泉です。
次に向かったのは「新湯共同浴場」です。

shinyu_entrance.jpg

普通の一戸建て住宅的佇まいです。


浴室の扉を開けると。。。

shinyu_bath.jpg

なんと美しい青白濁色!!
しばしぼ〜っと眺めてしまいました。
湯の里温泉とはまた全然違うタイプの源泉です。

shinyu_yuguchi.jpg

高温、中温、共に源泉です。
この2つの湯をブレンドして適温にします。
この2つを合わせると、結構な投入量です。
見た目よりマイルドで、こちらもあまりぴりっとはきませんでした。
それでも共にレモン味です。


目の保養にもなる、素晴らしい温泉でした。
posted by mayu_october at 05:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

雲仙温泉 湯の里温泉共同浴場

福岡佐賀長崎熊本大分 ぶらり二人旅


次に向かったのは、雲仙の共同湯「湯の里温泉共同浴場」です。

yunosato.jpg

おおーーーっこれは素晴らしい!!!
この見た目で良泉推定。この推定はそうそう覆らないんですよねー。

そして予想を裏切らぬ、素晴らしいお湯!
激混みで写真は撮れませんでしたが、小ぶりな楕円形の浴槽に湯が注がれ、
掛け流されています。
浴槽の湯は緑がかってほんのり濁っています。

浸かってみると適温。あの雲仙地獄を見た後なのでちょっと意外です。
源泉温度が低めなので、無加水なのだそうです。
どぎつくぴりぴりくると思ったら、これまた意外とマイルドな肌あたり。
でも湯口のお湯はしっかりレモン味。硫化水素臭もばっちりです。
ようやく気合の入った硫化水素泉に入れて、大満足です。

素朴な佇まいに素晴らしいお湯。これぞ共同湯!という感じの共同湯でした。
posted by mayu_october at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

雲仙地獄地帯

福岡佐賀長崎熊本大分 ぶらり二人旅


富貴屋を出て、目の前の雲仙地獄地帯を散策することにしました。

jigoku_yuhodo.jpg

荒涼とした光景が広がっています。
遊歩道を全部回るにはとても時間が足りないので、ショートカット気味に回りました。

jigoku_spa.jpg

ここかしこでお湯が湧いています。
確かに足元自噴泉ですけど、浸かったら大変なことになりそうです。

jigoku_cat.jpg

遊歩道にネコさんが佇んでおりました。
きっと地熱でホカホカなんでしょうね。

jigoku_cat2.jpg

と思ったら、温泉卵を買ったお客さんのおこぼれに預かろうと、
虎視眈々ならぬ猫視眈々と狙っていたのでした。(笑)
posted by mayu_october at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

雲仙温泉「富貴屋」

福岡佐賀長崎熊本大分 ぶらり二人旅


次に向かったのは、長崎の温泉の代名詞とも言える「雲仙温泉」です。

まずは「温泉博士」クーポンで「富貴屋」に行ってみました。

fukiya_entrance.jpg

fukiya_jigoku.jpg

露天の壁の向こう側には源泉湧出地帯の「雲仙地獄」が広がっています。

fukiya_entrance2.jpg

ホテルの別棟にお風呂があります。

男女別内湯&露天各1です。

fukiya_bath.jpg

内湯はデカイ浴槽と小さめ浴槽がありました。
ともに微緑濁といった感じです。
ちょっと塩素臭もあったようななかったような。。。
匂い、味など、ほとんど硫化水素っぽさは感じられません。
さぞ濃厚な硫化水素泉だろうと覚悟していたので、拍子抜けです。
もしかしたら大量加水なのかも。。。

fukiya_roten.jpg

露天です。
こちらもかなり加水されてはいますが、ほんのり白濁しています。
源泉湯口ではしっかり硫化水素臭&味を感知できました。
ただ、思ったほどすっぱさはありません。

ここは露天の方がお湯はいいかもしれません。
posted by mayu_october at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

有玉温泉「マルマサ」〜島鉄湯江駅

福岡佐賀長崎熊本大分 ぶらり二人旅

嬉野温泉を出て、いよいよ長崎県へ突入です。


道すがら「五島うどん」という、この辺の名物うどんのお店を発見!
ちょうどお昼時でしたので、寄ってみることにしました。
「月屋」というお店です。

gotoudon_entrance.jpg

讃岐のセルフうどん店のような佇まいです。

gotoudon.jpg

お昼のランチサービスセットを頼んでみました。
おうどんは太い冷麦くらいの細さです。
薄味で、さっぱりとしたお味です。
あごでとった出汁を期待したんですが、どうも違ったっぽいです。
他のお店も行ってみたいです。

そんなこんなで腹ごしらえも済んだところで、向かった先は有玉温泉「マルマサ」です。
水産加工会社が経営する駅前温泉です。

yugyoku_entrance.jpg

こじんまりとした入浴施設です。地元の方の共同浴場として使われているようです。

yugyoku_tank.jpg

外に源泉タンクがありました。

男女別内湯各1です。
激混みで写真はありませんが、大きめの浴槽に結構な量の源泉が注がれ、掛け流されています。
湯口の周り、といっても結構広範囲ですが、ほんのり濁っています。
なんと泡で白濁していたのです!
浴槽内は無数の泡が舞い、浸かればびっしり体につき、泡でヌルヌルします。
源泉温度が37度ほど。加熱で適温にしていますが、蒸気を当てる方式のようで、
源泉の特徴が損なわれていません。
加熱でこれだけの泡付きなのは驚きです。
微金気&微卵臭、微卵味の、とても良いお湯でした。

ちなみに「濾過している」と表示されていましたが、吸込口はありませんでした。
循環ではないようです。


ひとっ風呂浴びた後、プチ鉄の連れは写真を撮りに目の前の駅に向かいました。

shimatetsu.jpg

shimatetsuyue.jpg

harumiさんのブログで「ねこ駅長」さんがいると聞き、
是非ともお会いしたいと思っていたのですが。。。


外回り中だったみたいです。
仕事しろー。(笑)
posted by mayu_october at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。