2007年12月30日

山鹿温泉 桜町温泉

福岡佐賀長崎熊本大分 ぶらり二人旅


さて、最終日の朝となりました。
いの一番に向かうのは、山鹿温泉「桜町温泉」です。

sakuramachi_entrance.jpg

sakuramachi_entrance3.jpg

おおおっ、これまたいい風情です。

sakuaramachi_entrance2.jpg

この軒下の腰掛けで、風呂上がりの方が入れ替わり立ち代わりで涼んでいました。
時間に追われながら湯巡りするのが、もったいないなーと思ったりして。

sakuaramachi_datsuijo.jpg

脱衣所も、年季入っています。
風呂上がりにテーブルに腰掛けて、ぱたぱたうちわを扇げば、
気分はすっかり地元民です。

sakuramachi_bath.jpg

sakuramachi_analysis.jpg

この風情ですから、お湯の良さは推して知るべしであります。
写真は男湯ですが、女湯はこのシンメトリです。

↓こんな感じでお湯が掛け流れています。
sakuramachi.gif

無味無臭無色透明、結構ぬるめのお湯です。
若干ぬるっとする感触はありますが、泡付きはありません。
やわらか〜く、優しいお湯です。

ペットボトルに汲んで帰る人が何人もいました。
ごはん、お茶に使うととても美味しいんだそうです。うんうん。分かります。

posted by mayu_october at 17:12| Comment(2) | TrackBack(1) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山鹿温泉の夜

福岡佐賀長崎熊本大分 ぶらり二人旅


さて日も暮れたし、これからどうするべか?(←相変わらずの無計画っぷり。。。)

ぱらぱらと地図を眺めていたら、なななんと!
長崎と熊本は船で行くと実に近いではありませんか。
しかもフェリー代がとても安い♪
ただ、最終便まで時間がない!
ということで、大急ぎで港に向かい、なんとか滑り込みました。

熊本に着いたはいいのですが、なにせ無計画ゆえ、宿がない。(汗)

こんな時の温泉ファンの強い味方、そう、「温泉ラ○○」があるじゃないの〜。
ってなわけで、山鹿温泉にもご多分に漏れずあるんですねー。

loveho.jpg

で、お風呂です。意外と普通です。(汗)
非加熱(30度位)の源泉と、加熱の源泉をブレンドして、適温にするシステムです。
セルフで超大量掛け流しにできます。
ほぼ無色透明無味無臭。ちょっとぬるっとする感じで、なかなかです。
カランも源泉でしたよ。

緊急避難的に入った割には、満足でした。


posted by mayu_october at 16:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

小浜温泉海上露天風呂 波の茜

福岡佐賀長崎熊本大分 ぶらり二人旅


脇浜温泉浴場の感動冷めやらぬものの、もう日没まで時間がないっ!!
後ろ髪をひかれつつも、急いで次の湯に向かいます。

急いで向かった先は、小浜温泉海上露天風呂「波の茜」です。
海っぺりの露天風呂で、湯に浸かりながら水平線に沈む夕陽を拝めるのです。

akane_sunset2.jpg

何とかぎりぎり間に合いました。
平日ということもあり、女湯は他に2名、男湯は貸切だったそうです。

akane_bath2.jpg

湯口に湯花キャッチャーが取り付けられていたので、飲泉は遠慮しました。
ほぼ透明&ほぼ無臭。ぬるつる感がありました。
湯口は熱いですが、浴槽の下のほうはぬるめです。

色は。。。既に夕焼けに赤く染まっていて、よく分かりません。
海も真赤に染まっています。
なんともドラマティックな光景です。

akane_sunset.jpg

完全に沈んだ後も東の空まで真赤です。
ぼーっと辺りが暗くなるまで眺めてしまいました。

続いて「伊勢屋旅館」に。
内湯は半循環か循環。露天は循環でした。
眺めはよさげです。
posted by mayu_october at 19:09| Comment(4) | TrackBack(1) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

小浜温泉 脇浜温泉浴場

福岡佐賀長崎熊本大分 ぶらり二人旅


引き続き、小浜温泉です。
脇浜温泉浴場を訪ねてみました。

wakihama_entrance.jpg

うおおおおおおっ!何という素晴らしい風情っ!!
思わず目頭が熱くなります。
現役でいてくれて、本当に感謝です。

wakihama_datsuijo.jpg

脱衣所のロッカー(?)には漢数字が書かれています。
歴史を感じますね〜。

wakihama_bathentrance.jpg

ふと見上げると、これまたシブい成分表。

wakihama_bath.jpg

浴室です。
この使い込まれた感が嬉しいですね。
そして、この風情でお湯が悪かろうはずもありません。
浴槽は2つに仕切ってあって、奥が熱め、手前がぬるめです。
それぞれに源泉が投入され、投入量で温度差を設けています。
湯口のお湯はやはり激アツで塩味、ほんのりアブラ味といった感じ。
ちょいぬるつる感ありです。

wakihama_roof.jpg

天井の湯気抜きも長い歴史を物語っています。

wakihama_sign.jpg

連れが写真を撮らせて頂いていたら、湯守さんが70年前の看板を持ってきて下さいました。
入浴料は当時「三銭」だったんですね。


こういう共同湯を見てしまうと、昨今の昭和ブームが何とも軽く、
薄いものに感じられてしまいます。
文化財級の共同湯、末永く続いて欲しいと願ってやみません。
posted by mayu_october at 23:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小浜温泉 浜の湯

福岡佐賀長崎熊本大分 ぶらり二人旅


雲仙の中腹から海まで一気に下ります。
海と目と鼻の先にある、小浜温泉「浜の湯」へ向かいます。

hamanoyu_entrance.jpg

一仕事終えて、「一杯やる前にひとっ風呂浴びてくっか〜」ってな感じで
漁師のお父さん(推定)が続々入っていきます。
こういう地元の方の生活の一部になっているところって、
ほのぼのしてイイ感じです。

hamanoyu_bath.jpg

ほぼ透明のお湯が「あつめの湯」「ぬるめの湯」のそれぞれに注がれています。
投入量で温度に差を設けているようですが、先客が加水していったためか、
私が行ったときはどちらも同じ位の適温でした。

hamanoyu_yuguchi.jpg

湯口のお湯は激アツ(90度)で、とても触れません。
危ないので、備え付けの柄杓で汲んで飲んでみました。
それでも熱めのお茶位の熱さです。
海辺のお湯ということで、かなりしょっぱめです。
源泉に出汁の素を入れれば、そのまますまし汁としてイケそうな感じです。
ほんのりアブラ味を感じた気もしましたが、連れは感じなかったと申しております。
匂いはよく分かりませんでした。


生活の場として機能する、公衆浴場らしい公衆浴場でした。
posted by mayu_october at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。