2008年01月19日

亀の甲温泉

福岡佐賀長崎熊本大分 ぶらり二人旅


次に訪れたのは、「亀の甲温泉」です。

名前の由来がなぜか気になる。(何で?)

kamenokou_torii.jpg

鳥居をくぐっていきます。

kamenokou_entrance.jpg

kamenokou_entrance2.jpg

こじんまりとした佇まいですが、奥の方でなにやら増設工事をしていました。
家族湯が出来たとの噂です。

kamenokou_uchiyu.jpg

kamenokou_yuguchi.jpg

加熱ですが、結構な量の掛け流しです。これは太っ腹!(?)
ほんのり笹濁りで、ほんのり卵臭アリです。
ちょびっとぬるっとする感触もあります。
ライオン湯口なのも嬉しいです。

kamenokou_roten.jpg

なんと露天まであります。
ただ、湯口もなく、掛け流れておらず、お湯を溜めていただけかも。。。
男湯は掛け流しだったそうです。でも湯はどこから注がれているかは謎。。。

kamenokou_kame.jpg

あっ!名前の由来発見っ!!

妙に可愛い亀さんですが、これが由来かといえばそうでない気もする。。。


いろいろ謎は残りましたが、いいお湯でした。
posted by mayu_october at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

宮原温泉 元湯旅館

福岡佐賀長崎熊本大分 ぶらり二人旅

次に訪れたのは、宮原温泉「元湯旅館」です。

miyahara_entrance.jpg

miyahara_entrance2.jpg

おおおっ!年季入っていますっ!
これは期待できますね〜。

miyahara_roka.jpg

浴室へ向かう足取りも軽くなります♪

miyahara_yugenuki.jpg

miyahara_bathroom.jpg

こっこれは素晴らしい風情っ!
期待通りの浴室でワクワクしてきますよ〜。
広〜い浴室の片隅に浴槽があります。
このアンバランスな感じが、嬉しくなるのは何故でしょうか?

miyahara_gensen.jpg

手前に非加熱の掛け湯コーナーがあります。
笹濁りしています。
かな〜り濃厚な金気味と、炭酸の爽やかさも感じられます。

miyahara_agariyu.jpg

浴槽に備え付けの加熱の掛け湯です。

miyahara_bath.jpg

浴槽内のお湯は加熱。茶褐色に濁りきっています。
とにかく濃いです。


いろいろ写真を撮らせて頂いていたら、なんとご主人も写真がご趣味とのことで、
山の写真をいろいろ見せて頂きました。


お湯も風情も素晴らしいです。
泊まってみたいなあと思いました。






posted by mayu_october at 20:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

平山温泉 ひらおぎ


結局2008年まで持ち越してしまいましたが、引き続き福岡佐賀長崎熊本大分 ぶらり二人旅のエントリにお付き合い下さい。


引き続いて訪れたのは、平山温泉「ひらおぎ」です。

hiraogi_entrance.jpg

家族風呂が800円(3人まで)とのこと。今回は家族風呂に入ってみました。

hiraogi_bath.jpg

2人用位の小さな浴室です。
浴室の扉を開けた瞬間、芳しき卵臭〜。
小ぶりな浴槽に源泉ががんがん注がれ、大量に掛け流されています。

細かい泡が無数に舞っていて、体にも結構つきます。泡のぬるぬる感もあります。
泡付き湯好きにはたまりませんっ!

hiraogi_yuguchi.jpg

卵臭に卵味です。
源泉は49℃ですが、湯口で40℃位、浴槽内は更にぬるめです。


泡付き湯ファンには何とも嬉しいお湯でした。
posted by mayu_october at 09:43| Comment(0) | TrackBack(2) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご愛顧を賜り、誠に有難うございました。
相変わらずのへっぽこブログですが、相変わらずな感じで
今年もやって行きたいと思っております。
今年も何卒宜しくお願い致します。

今年の正月は温泉ゼロ。未だ初湯も済ませておりません。(号泣)
せめて気分だけでも、ってなわけで、昨年のお正月の模様を書いてみたいと思います。


昨年のお正月は、山形県にある羽根沢温泉「松葉荘」で迎えました。
いつも共同湯ばかりでして、今回初めて泊まりました。

matsuba_entrance.jpg

matsuba_bath.jpg

共同湯が何といっても素晴らしいですが、ココも負けず劣らず素晴らしい♪
羽根沢らしい強ヌルヌル感を満喫できます。

matsuba_yuguchi.jpg

ここのお湯は飲んでも美味しいんですよね〜〜〜。
ほんのりアブラ&金気風味の出汁味がしっかり効いていて、塩味も絶妙。
思わずがぶ飲みです。


朝からがっつり浸かって腹ごなし完了後、朝ごはんです。

matsuba_osechi.jpg

おおっ!おせち仕様だ♪
自分ではとても作れませんけど(汗)、おせち好きなんですよね〜。

matsuba_karaoke.jpg

ん、カラオケセットがスタンバイされている?

なんと、お正月恒例のカラオケ大宴会が始まったのでした。
皆さん上手なんですよねぇ。

matsuba_osuimono.jpg

そうこうしているうちに、次々御椀が運ばれてきますよ。
まずはお吸い物。白身魚のあら汁だと思うんですが、うまいっ♪

matsuba_zoni.jpg

このお雑煮が美味なことといったらもう。鶏の出汁ががっつり効いています。
つきたてのお餅がまた美味しいんですよね〜〜〜。

matsuba_zenzai.jpg

最後の〆はおぜんざい。
つきたてのお餅で頂くおぜんざいは格別です。

どれもお替わり自由ということで、3杯ずつお替わり。
去年の食い倒れツアーの数々を予感させる一年のはじまり。。。
ちなみにお酒も飲み放題だったのですが、この後の移動を考えジュースのみ。
それにしても値段は普段通りで、この大盤振る舞いには驚きです。

お客さんは皆さん1年に1度、元旦のこの宴会に集まる常連さんなんだそうです。
「来年も会いましょう」と言って下さったんですが、今年は行けず残念。。。
posted by mayu_october at 17:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 東北地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。