2008年09月19日

湯の浦温泉 亀井荘

ひょっこりひょうたん島への旅+α


さ〜て、いざ硫黄島へ!と意気込んだものの、
硫黄島は1日おきに出航する村営フェリーに乗らないと到達できないのです。
というわけで、初日は移動日。
夜通し車を走らせ、鹿児島へ向かいます。

途中いくつか温泉に寄ってみました。
まずは鹿児島との県境にある湯浦温泉。
「岩の湯」は以前寄ったので、今回は「亀井荘」。

yunoura_entrance.JPG

玄関先に卵臭がぷ〜んと漂います。
これは期待が高まります!!

日帰り入浴させて欲しい旨を女将さんに伝えたところ、
「10分ほど待って下さい〜」とのこと。
その理由は10分後判明するのです。

yunoura_bath.JPG

浴室を覗くと、どっひゃ〜〜!
1、2人用の小さな浴槽に、どしゃどしゃと40度程の源泉が注がれ、
洗い場を洗い流す勢いで掛け流れています。
なるほど〜10分で浴槽からあふれ出すって訳ですね。

yunoura_yuguchi.JPG

ライオン湯口です。

無色透明。卵味がしないのがちょっと意外ですが、
細か〜〜〜〜い泡付きがあります。
私の湯巡り経験の中では屈指の細かさです。
この新鮮さなら納得です。

若干ぬるめと思いきや、お風呂から出てからちょっとのぼせてしまいました。
なかなかの実力です。
posted by mayu_october at 10:01| Comment(2) | TrackBack(1) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

ひょっこりひょうたん島への旅+α

福岡佐賀長崎熊本大分 ぶらり二人旅のエントリ中ですが、急遽予定を変更して、
「ひょっこりひょうたん島への旅+α」をアップしたいと思います。

突如一週間ほど時間が空きまして、九州に行って参りました。
今回は憧れの離島温泉、鹿児島港から村営フェリーで4時間近くのところにある、
「硫黄島」にも行ってきました。
高千穂峡や九重の国定公園にも寄ったりして、観光もしてきました。

今回のラインナップです。

湯之浦温泉「亀井荘」
吉尾温泉共同浴場
人吉温泉 堤温泉
湯之元温泉「中島屋旅館」(泊)
東温泉
坂本温泉
大谷(ウータン)温泉
穴の浜温泉(見学)
硫黄島港の温泉(見学)
三島開発総合センター
海潟温泉(再)
まさかりTM牧場温泉
山寺鉱泉浴場
こしかの温泉幸荘(泊)
S温泉
岡元温泉
吉田温泉
清姫温泉
山野温泉
つばき湯
弥栄温泉みえ温泉
某垂れ流し
津曲温泉
安楽温泉「佐藤旅館」
犬飼温泉共同浴場
仙寿の里
福寿温泉
目の湯
霧島ホテル
民宿丸枝霧島荘
京町温泉「旅館あわじ荘」
京町温泉「山麓温泉」
京町温泉「湯の谷温泉」
亀沢共同浴場
吉松ビジネスホテル
菱刈町「町営公衆浴場」
さざらし会館
入来温泉「あぜろ湯」
大村温泉
若宮温泉「龍神の湯」
阿久根温泉「ぼんたん湯」
はづき温泉
舞鶴温泉
湯川内温泉「かじか荘」(4回目位泊)
湯の鶴温泉「喜久屋旅館」
湯山温泉「元湯」
山里の湯(再泊)
ほていの湯
七里田温泉「下湯」(5回目位)


です。
posted by mayu_october at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 湯巡り・旅のしおり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。