2009年03月27日

津曲温泉公衆浴場

ひょっこりひょうたん島への旅+α

次に訪れたのは津曲温泉です。

営業時間を確かめずに朝訪れたら「昼から」とのこと。
で、隼人町の郊外温泉を回った後で舞い戻ってきたのでした。


津曲温泉外観.jpg
田んぼ越しに見える、一見倉庫っぽい建物。
デッカイ温泉マークが、ここに温泉アリと主張しています。

津曲温泉看板.jpg
男前な「津曲温泉」の文字。
これは期待が高まります!

津曲温泉掲示.jpg

津曲温泉浴槽.jpg
浴室です。
外観や掲示板は年季が入っていますが、中は意外と新しめです。
4人用ほどの小ぶりな浴槽です。
浴槽内の源泉は、ちょい濁り気味。
源泉の一部がパイプから漏れるように注がれて、残りが捨てられています。
というのも、この源泉は50度以上はあろうかといった激アツっぷりで、
全部入れちゃったら熱くて入れないんですね。
金気+微アブラ臭、金気味です。

それでも十分熱いので、更に35度位の源泉が樋伝いに注がれています。
この源泉はカランの湯と共通です。
こちらは金気臭金気味。

両方合わせると結構な投入量&掛け流し量です。
posted by mayu_october at 08:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弥栄温泉「みえ温泉」

ひょっこりひょうたん島への旅+α

mie.jpg

次は弥栄温泉「みえ温泉」。またまた隼人町の郊外温泉です。
ここは純然たる温泉銭湯といった風情。

みえ温泉浴槽.jpg
ここは大浴槽に注がれた源泉が、小浴槽に掛け流れる仕組みです。
大浴槽は12人以上はいけそうなサイズ。
正方形の浴槽に、まあまあの量が注がれ、掛け流されています。
ぬるぬる感もまあまああります。確か適温だった気がします。
微卵臭微卵味。

小浴槽は2人用ほどの、かなり小さめの浴槽です。
大浴槽とあまり温度は変わりません。

「ラムネ温泉」と看板にありますが、泡つきや炭酸味などは感じませんでした。
昔はラムネ温泉だったんでしょうか?

posted by mayu_october at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つばき湯

ひょっこりひょうたん島への旅+α

一応温泉ブログですので(汗)、温泉の話もしとかないとなー。

というわけで、ほんとうに長らくのブランクでしたが、引き続き湯巡りレポです。
ここのところ温泉レポを最後まで書き上げた験がないですね。。。
チョコチョコ行ってはいるんですけど、なかなかアップできません。
行ったところを全部アップするのは、とうに諦めています(汗)。
つばき湯外観.jpg

「つばき湯」は、またしても隼人町郊外の温泉です。
比較的新しめで、食事もできます。

つばき湯大浴槽.jpg
大浴槽は10〜12人サイズ。
写真は男湯ですが、女湯とはまた違う形です。
まあまあの掛け流しです。
ほんのーり苦味を感じる気もする、ほぼ無色透明無味無臭です。
若干のぬるぬる感あり。適温で泡つきはありません。

つばき湯小浴槽.jpg
小浴槽は、3〜4人用サイズで、27度位。
男湯は5〜6人用サイズで、大浴槽と隣り合っていたらしいです。
無色透明無味無臭です。
こちらの方が鉄分が多めらしいんですが、感知できませんでした。






posted by mayu_october at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。