2008年09月19日

湯の浦温泉 亀井荘

ひょっこりひょうたん島への旅+α


さ〜て、いざ硫黄島へ!と意気込んだものの、
硫黄島は1日おきに出航する村営フェリーに乗らないと到達できないのです。
というわけで、初日は移動日。
夜通し車を走らせ、鹿児島へ向かいます。

途中いくつか温泉に寄ってみました。
まずは鹿児島との県境にある湯浦温泉。
「岩の湯」は以前寄ったので、今回は「亀井荘」。

yunoura_entrance.JPG

玄関先に卵臭がぷ〜んと漂います。
これは期待が高まります!!

日帰り入浴させて欲しい旨を女将さんに伝えたところ、
「10分ほど待って下さい〜」とのこと。
その理由は10分後判明するのです。

yunoura_bath.JPG

浴室を覗くと、どっひゃ〜〜!
1、2人用の小さな浴槽に、どしゃどしゃと40度程の源泉が注がれ、
洗い場を洗い流す勢いで掛け流れています。
なるほど〜10分で浴槽からあふれ出すって訳ですね。

yunoura_yuguchi.JPG

ライオン湯口です。

無色透明。卵味がしないのがちょっと意外ですが、
細か〜〜〜〜い泡付きがあります。
私の湯巡り経験の中では屈指の細かさです。
この新鮮さなら納得です。

若干ぬるめと思いきや、お風呂から出てからちょっとのぼせてしまいました。
なかなかの実力です。
posted by mayu_october at 10:01| Comment(2) | TrackBack(1) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
mayu様 スワン様

大変ご無沙汰しております。
森山です。

実は、9/17-9/21まで、奥さんと二人で
別府〜阿蘇〜別府の旅行をしました。
行き・帰りは寝台特急「富士」を利用し、
17時間の鉄道の旅も満喫しました。

そして、奴留湯温泉に惚れてしまいました。

また行きたい!と思い、
とりあえず温泉部の情報を検索してたら、
九州の話題でしたので、コメントしてみました。

またいつか、ご一緒に温泉に行ける日を
楽しみにしております。

失礼します。
(森山日記は閉鎖中ですので探さないでください)
Posted by 森山 at 2008年09月25日 10:53
うわああ、あの森山君だよね!?久しぶり〜。元気してた?
17〜21日だったら、私らが九州にいた時とかぶってるよ!!
あら〜連絡してくれればって、んなもん分かんないもんね。

そして、いきなり奴留湯にはまったのか〜。さすがお目が高いっ。
あそこは鄙び、足元自噴、泡付きと、温泉ファンのツボを刺激しまくりのいいところなんだよね。
あそこにはまっちゃうんじゃあ、温泉ファンになるしかない(笑)。
↓ちなみに以前ブログに書いた記事
http://puhi.exblog.jp/25745/
奥様にもよろしく!今度湯巡り一緒にしようね〜。
Posted by mayu_october at 2008年09月26日 08:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

亀井荘
Excerpt: 熊本県南部の芦北町にあり、古くからの交通の大動脈である薩摩街道沿いに湧く温泉です。8世紀の宝亀年間から温泉が利用されていたそうで、非常に歴史のある温泉地です。
Weblog: 温泉生活
Tracked: 2008-09-19 10:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。