2008年10月10日

清姫温泉

ひょっこりひょうたん島への旅+α

日当山温泉郷の温泉、清姫温泉です。

DSC_1813.JPG

DSC_1773.JPG

DSC_1776.JPG
なんと中には、アーケード商店街が!
どことなく昭和っぽいような、懐かしい雰囲気です。

DSC_1774.JPG

昭和の喫茶店の椅子が、オープンテラス(?)に並べてあります。

DSC_1777.JPG

DSC_1779.JPG
飲泉場もあります。

男女別内湯と家族湯があります。

DSC_1785.JPG

内湯です。
逆L字型の浴槽が3つに仕切られ、真ん中の浴槽に大量の湯が注がれています。
左右の浴槽との仕切りの底の方に穴が空いており、つながっています。

DSC_1800.JPG

真ん中は5〜6人用。ほんのり濁り気味で、一部泡で白濁しています。
43度位。結構びしっと熱めです。
でも!体にも細か〜い泡が少しつきます。
この温度で泡がつくのは珍しいです。ぬるぬる感も若干あります。
微アブラ臭のような匂いと、金気臭、金気味です。

ホースで「水」が足されていますが、この「水」も38度位あります。
(男湯は30度位)
ほんのり金気臭もあった気がします。

右側は8人用位。
40~41度位の適温。
お湯が掛け流されていきます。
泡つきはありません。透明です。

DSC_1792.JPG
左側は寝湯です。
40度切る位の温度になっています。
隣からの源泉流入量が少ないですが、容積も小さいです。


なんとも懐かしいような、味わい深い雰囲気の温泉でした。

posted by mayu_october at 01:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107857763
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

清姫温泉
Excerpt: 鹿児島空港から約6キロ、霧島市中心部にもほど近い市街地に涌く温泉です。西郷隆盛もしばしば訪れた温泉地として有名で、西郷隆盛が当時宿泊した民家も再現されています。1293年頃の開湯と言われ、鹿児島県内最..
Weblog: 温泉生活
Tracked: 2008-10-14 10:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。