2008年12月26日

ルクルクこんにちは♪

「ル・クルーゼ」の鍋は、鋳物のホーロー鍋です。
ずしりと重いその鍋のふたによって、素材の持つ水分が鍋の中でイイ感じに対流するらしく、
無水に近い料理も可能なのだとか。
更に火加減が難しいとろ火の煮込みも、熱伝導の良さ故、いい感じに出来るらしいです。

前にちょろっとコメント欄で書きましたが、遡ること4年、
初めて目にした「ル・クルーゼ」の鍋。
ずーっと欲しいと思いつつ、なかなか踏み切れずにおりました。
お高いもんで。。。
で、安物のホーロー鍋を愛用しておりました。
しかし、その鍋の蓋をうっかり落として割ってしまいました。
しかもホーロー鍋が四角なもので、別の蓋を探すのもちょっと大変。。。

で、折角新たに鍋を買うのなら、いいものを買いたいなあと何となく思い、
いや、より硬派な"STAUB"製品の方がいいかも、
いやいや、圧力鍋が先じゃないか、等といろいろ逡巡している間に、
じりじりと値が上がって来まして。。。
アマゾンで日本正規輸入品が40%OFFということで、思い切って買ってしまいました。
正規品が40%オフっていうのはなかなかないし、
アマゾンなら代引きにする必要もないので、
事実上更に値引き額が上乗せされることになるのも魅力的です。
直輸入品なら50%オフというのもたまに見かけますが、
正規品はサビ止め加工が施されているらしく、
ズボラな私にはサビ止め加工がされていた方がいいかなあと。
(サビ方は大して変わらないというネットの声もありますが。。。)

超定番ともいえるオレンジ色の「ココット・ロンド」20cmです。


白とどちらにしようか、すごーく迷ったんですけどね。
ナチュラルな色味だし、飽きない色だし、というのもですが、
「男子ごはん」という、テレビ東京系列の料理番組で、
ケンタロウ氏が使う自前の白いル・クルーゼ鍋が、
プロの道具然としていて、大事に使い込まれている感アリアリなんです。
ま、でも折角鮮やかな色がウリのル・クルーゼを買うのだから、
華やかに行っちゃいましょう、ということで、結局オレンジに落ち着きました。

lecreuset.jpg

ちょっと小ぶりかなとも思ったのですが、いざ使ってみたら意外と容量もあり、
取り扱いが億劫にならない手頃な重さがイイです。
(とはいっても十分重いですけど。。。)

キング・オブ・煮込み料理の「豚の角煮」でデビューしたんですが、
弱火でも結構ぐつぐつ沸騰します。本当に消え入りそうなとろ火で十分です。
柔らか〜い角煮が出来ました。

清水の舞台から飛び降りる覚悟で買った鍋ですが、買って良かったです。
次は白か、はたまた圧力鍋か。。。
ラベル:ル・クルーゼ
posted by mayu_october at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | うちごはん部(仮設) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。