2009年02月25日

活力なべ 料理編

というわけで、活力なべが届きました。
煮物シーズンに間に合ってよかった!

で、早速鯖の味噌煮やさんまの生姜煮を作りました。
さんまは加圧13分で缶詰のような骨の柔らかさ!
固くて太い鯖の骨も加圧16分でほろほろ。感動です。
写真撮っておけばよかったな。。。
火をつけてから圧がかかるまで10分弱、火を止めてから圧が抜けるまで15分弱、
それから若干調味料を足して煮詰めるので、火をつけてから完成まで、
だいたい40分程でしょうか。
とろ火で骨が柔らかくなるまで煮込んだら、それこそ10時間以上かかるので、
これは劇的な速さです。
加圧後火を止めてからは放置プレイ可なので、ガス台から離れられるし、
なかなか便利です。

噂の1分カレーを作ってみましたが、ジャガイモ半分サイズでも加圧1分なんですね。
お肉を柔らかくしたかったので、あらかじめお肉だけ加圧しました。
カレー用のお肉のサイズなら、加圧2分+野菜と一緒に加圧1分でほろほろです。
今回はレシピ通りあめ色たまねぎなしで作ってみましたが、
高級レストランで出てくるカレーとは対極の、昔実家で食べたような懐かしい味です。
野菜の甘さがしっかり出ていて、とても優しい味で、美味しいです!
このカレーは、ファミリーサイズの安いルーの方が合うかもしれません。

玄米も加圧15分で炊けちゃいます。
他の鍋で玄米を炊いたことがないんで比較できませんが、よく言われるような、
ぼそぼそ感は全然ありません。普通のご飯のように食べられます。
白米は正直炊飯土鍋で炊いた方が好みかな。。。かなり粘りがでるもんで。
でも、圧力鍋で炊いたご飯の方が好きという方も、かなりいるようです。

まだ作っていないんですが、なんと煮豆も灰汁抜きなしの加圧1分でできるとか!?
信じられません。。。
煮魚もそうですが、面倒で今まで敬遠していた料理を積極的にやってみたくなります。

それにしても、煮魚をやった後は、かなり鍋に匂いが残ります。
全パーツを外してごしごし洗うんですけど、なかなか取れません。
重曹で洗えばかなり取れると思うんですが、今手元にないんですよね。。。
それに、5.5Lサイズだとかなりデカく、洗うのに一苦労。。。

あと、いきなりハイスペックものを買ってしまったので、有り難味が良く分からない。。。
次は3000円台の安い小型圧力鍋を買って、比較してみたいです。
posted by mayu_october at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | うちごはん部(仮設) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。