2007年09月22日

二日市温泉「博多湯」

福岡佐賀長崎熊本大分 ぶらり二人旅


「御前湯」を出て、向かいの「博多湯」に行ってみました。

hakatayu_entrance.jpg

最近建て替えられたようで、新しいです。
こちらは和の風情。

hakatayu_bath.jpg

10人用程の岩の浴槽です。「御前湯」に比べると随分小ぶりな印象。
ほんのり濁り気味です。
微金気臭、微金気味、ほんのり卵味、でした。
(スワンは卵臭もありと申しております)

hakatayu_kakeyu.jpg

掛け湯は若干のぬるぬる感があり、とても気持ちいいです。

こちらは300円。
100円安い向かいの「御前湯」の方が賑わっていましたが、
お湯は間違いなくこちらの方がいいと思います。
でも毎日行くなら「御前湯」なのかも。


posted by mayu_october at 12:03| Comment(7) | TrackBack(1) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思いっきり地元ネタで嬉しくて反応してしまうわけですが
平成16年12月リニューアルオープンだから、まだ3年弱ですね。
新しい建物にも、以前の御前湯の建物の雰囲気を残してあるんですよ。
浴室は、まったく違うものになりましたけれど。

お湯は、改築前は金気は無くて、卵臭が勝っていたんですが
今は、金気が かなり強いですよね。
別に源泉を掘りなおしたわけではないそうだけど。

ここはご存知のように独自源泉を持っており、人気の高い施設。
週末ともなると芋洗い状態。
スワンさんが無人の写真が撮れていることが、驚きです。平日訪問の特典!?

いつか二日市温泉を再訪されることがあったら、
経済的余裕があったら、大丸別荘も、ぜひお試しくださ〜い!
Posted by もぐさ at 2007年09月22日 12:51
もぐささん、こんばんは。
先日はお世話になりました。
博多湯、以前はもっと卵臭だったんですか。
そのときに行っておきたかったです。
大丸別荘も良いのですね。
今度行ってみたいです。
Posted by スワン at 2007年09月24日 00:17
>もぐささん
この辺が地元っていうのがうらやましいな〜。
いやあ、今回の旅で真剣に九州移住計画を考えちゃいましたよ。
ラーメンはうまい(まずそれかいっ(爆))、近所にいい温泉があって、
しかも九重界隈まで1時間の距離!

やはり最近リニューアルだったのですね!
それでも和の感じを残したというのが素敵です。

あ、以前は卵臭だったのですね。
(スワンが「勝った」と申しております。)
その頃のお湯も非常に気になりますが、今もいいお湯で、大満足でした!
(福岡で金気臭とはちょっと意外でした)

女湯は激混みでした。カランを使えず、掛け湯のところでごそごそしておりました。
男湯は貸切だったそうで、うらやますい。。。

大丸別荘、全く知りませんでした。
これは行かねば!!情報有難うございますっ!!










Posted by mayu_october at 2007年09月24日 09:09
あっ、大丸別荘は立ち寄りは受け入れてないので
宿泊か食事休憩での利用になってしまうんですよ。。。

しかし、福岡県内では最高格の和風旅館で、
皇族も利用しています。
お湯も、独自源泉を持ってます。

それで、あくまでも時間的・経済的余裕があったら、の
但し書きつきになってしまうのですが、
ここは絶対の自信を持って薦めることができますので、
もし機会がありましたら、お試しくださいませ。
Posted by もぐさ at 2007年09月25日 13:21
>もぐささん
うわっ、日帰り入浴オンリーは不可なのですか!それはハードルが高い。。。
今値段を見たら目玉が飛び出そうです。
確かに経済的ゆとりがないと厳しそう。(汗)

将来出世したら(するのか!?)行ってみようと思います。^^;
情報フォロー有難うございます!
Posted by mayu_october at 2007年09月26日 10:53
あれ〜、博多湯の写真が!
もぐささんの書き込みのとおり、なかなか写真が撮れない温泉の1つなのに、いきなり撮影成功とは驚きました。
私も、冬に1回チャンスがあったのですが、撮れたのは、湯気でボヤボヤのふぬけ写真でした。

実は、結婚前の結納の際に、大丸旅館でという話もあったのですが、結局、福岡の料亭に落ち着いてしまいました。まぁ、結納のあとに、ひとりお風呂ってわけにもいかなかったかもしれませんけどね。
Posted by ヨシキ at 2007年11月11日 21:45
>ヨシキさん
あれ、男湯も普段は写真撮れないんですか。
となるとスワンが貸切だったのは奇跡だったのかも!?
確かに女湯の大盛況ぶりを見ると、たまたまラッキーだったのかもですね。

結納の後に一人お風呂、ヨシキさんなら周りも納得してくれちゃったりして。。。(笑)
Posted by mayu_october at 2007年11月12日 20:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

博多湯(二日市温泉)
Excerpt: 福岡市のベッドタウンにある二日市温泉、その歴史は以外に古く、開湯は1300年前とのこと。 今回初めて二日市温泉に行きましたが、2つの大衆浴...
Weblog: 九州の温泉旅館・日帰り温泉
Tracked: 2008-08-30 19:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。