2007年11月14日

嬉野温泉 嬉泉館

福岡佐賀長崎熊本大分 ぶらり二人旅


武雄温泉を出て、次に向かったのは嬉野温泉です。
多分佐賀で最も有名な温泉です。
武雄温泉同様、佐賀市郊外の歓楽地的存在のようです。

嬉野温泉の源泉は温度が高く、温度管理の都合上多くの施設は循環させているようです。
しかしっ!源泉掛け流しの宿もわずかながら存在するのです。(ここだけ!?)
そんな温泉ファンの「最後の砦」がコチラ「嬉泉館」なのです。

kisenkan_entrance.jpg

他のお客さんもいましたが、宴もたけなわだったようで、
お風呂はお客ゼロ。独り占めできましたよー。

kisenkan_bath.jpg

男女別内湯各1です。
ちょい大きめの岩風呂が2つに仕切ってありますが、互いの湯の行き来はありません。
写真奥の方が小さめです。結構細めに投入され、掛け流されています。
手前は若干大きめで、投入量も若干多めだったと思います。
無色透明微塩味。
浸かってみるとこれはビックリ!結構なヌルヌル感ではないですかっ!!
ph8.5だそうですが、スペック以上のヌルヌルさを感じました。
「嬉しーのー」なんてオヤジギャグもうっかり飛び出る素晴らしさです。

kisenkan_yuguchi.jpg

何処かキッチンの蛇口を思わせる湯口です。
お湯はとても手では触れない熱さです。

kisenkan_gensen.jpg

元湯源泉のすぐ近くですが、なんと自家源泉なのだそうです。
建物の真下に源泉タンクがありました。

湯守さんは、加水なしの100%源泉掛け流しにするために、
一晩かけて浴槽のお湯を冷ましているそうです。
ここのヌルヌル感はそんな湯守さんの配慮の賜物なのですね。
冷まし方といい、ヌルヌル感といい、どことなく宮城県の中山平温泉「東蛇の湯」を彷彿とさせます。
そういえばしばらく東北もご無沙汰だなあ。。。(遠い目)


この後「ことぶき屋」に行きました。
循環で浸かると溢れるシステムでした。
無色透明塩素臭あり、ぬるつる感なしでした。
posted by mayu_october at 08:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 九州地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいぬるぬるのお湯ですよね!ぬるぬる湯が大好きなのでたまりません。中山平はまだ行ってないのですが似た感じですか〜?
混んでる時はやや鮮度が落ちるらしいですけど・・。

お正月にまた帰省するので是非再訪します。できれば宿泊したいのですけどね。
Posted by harumisan at 2007年11月19日 22:10
宿泊決定しました!!
お正月料金でややお高かった・・・ですけどね。
(この記事を読んだおかげで行動しちゃったかも??)
Posted by harumisan at 2007年11月20日 21:27
>harumiさん
お正月はこちらで迎えられるのですか!
いいな〜。
ぬるぬる感、中山平よりは若干弱めですが、
というより中山平のぬるぬる(特に丸新別館)が強すぎるんですが(笑)
ここもかなりのぬるぬるっぷりですよね。
確かに源泉投入量からすると、混んでしまうと鮮度は落ちてしまいそうですね。。。
でもきっと、お正月は他のお客さんは宴会モードということで、
かえって新鮮なお湯に入れそうですね。
良いご旅行を!
Posted by mayu_october at 2007年11月21日 06:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。