2007年09月03日

わら屋

讃岐うどん食い倒れの旅 vol.4

さて、今回の旅最後の一杯となりました。

waraya_suisha.jpg

階段を降りていくと、水車小屋が見えます。
立派な和風旅館のようなアプローチです。

waraya_entrance.jpg

茅葺屋根の立派な日本家屋然とした佇まいです。
ちょっとびっくり。。。

waraya_tenjo.jpg

天井も梁も立派です。

ここも名物は釜あげということで、頼んでみました。

waraya_tokkuri.jpg

大きな徳利に出汁が入っています。長田in香の香を思い出したりして。
ただ、この徳利がちょっと埃っぽかったのが残念。。。

waraya_ginger.jpg

しょうがはセルフですり下ろします。

waraya_kamaage.jpg

釜揚げうどんです。
かなり太めの麺です。
そういえば讃岐うどんといえば太麺というイメージでしたが、
あまり太い麺に遭遇しなかったような。。。
もちもちです。コシもそれなりにあります。

ただ。。。
出汁がえぐみというか、変な酸味のようなものを感じました。
もしかして、継ぎ足し入れているんでしょうか???ちょっと残念。

waraya_hiyashi.jpg

冷やしうどんです。
こちらも太い。コシもそれなりにあります。
個人的にはこちらの方が好きかも。

若いおねーちゃんが沢山来ていました。
奥には団体さん用の広いスペースもありました。
観光地的なお店のようです。

釜揚げは410円と、この辺の相場から見ると高めですが、
この料亭のような佇まいの中で食べることを考えれば安いのかもしれません。


以上で今回の讃岐うどん食い倒れの旅 vol.4のレヴューはおしまい。
posted by mayu_october at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん部(仮設) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大円

讃岐うどん食い倒れの旅 vol.4

次に訪れたのは「大円」です。
あちこちの讃岐うどん屋さんの定番メニューである「ぶっかけ」の
元祖のお店なんだそうです。

daien_entrance.jpg

ド派手なビル。。。
奥に暖簾が見えるお店が「大円」です。

daien_entrance2.jpg

外観に驚きつつも中へ。

中は普通でちょっと安心!?
一般店です。

daien_menu.jpg

daien_menu2.jpg

さすが元祖ぶっかけの店だけあって、ぶっかけのメニューがずらりと並びます。

とりあえずデフォルトの「冷やしぶっかけ」を注文。

daien_udon.jpg

ちょい細めで、ちょいつるつるのちょいもちもち系です。
噛み切りにくい、結構弾力のある麺です。
出汁はかつおといりこのブレンドっぽかったです。


posted by mayu_october at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | うどん部(仮設) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

池上

讃岐うどん食い倒れの旅 vol.4

次に向かったのは「池上」です。
大人気店が移転し、8月10日にリニューアルオープンしました。
前回オープン前日に訪問してしまって涙を呑んだので、
今回のリベンジです。

ikegami_entrance.jpg

オープン前から多くのお客さんが集まっています。

ikegami_gyoretsu.jpg

オープン後、列が出来ていなくて、ちょっとした混乱。
オープンしたてなので、やむなしかも。

ikegami_caution.jpg

最近讃岐で問題になっているうどん屋さんの排水問題ですが、
こちらは排水処理装置を備えたとのことです。

ikegami_udon.jpg

まずは冷かけ。
がっつり強いコシと、つるんつるんな舌触りが兼ね備わった、素晴らしい麺です。
どことなく男性的な麺、いや面も。

ikegami_kamatama.jpg

釜玉です。温かいうどんに卵トッピングしたもの。
温かいのに、しっかりとしたコシを残しています。
で、もっちもちのつるんつるん。これはもはや「山越」を超えたか!?
いや〜どちらも美味しい♪
さすが話題になっていただけのことはあります。

お土産に買って帰った麺も美味しかった♪
お土産としてはかなり太い麺でした。
強いコシに、ココの麺を思い出しながら食べたのでした。
posted by mayu_october at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん部(仮設) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

橋本農耕機具店

讃岐うどん食い倒れの旅 vol.4

次に向かったのは「橋本農耕機具店」です。
農耕機具店が何故?
いやいや、温泉同様何でもありなのが讃岐うどんだったりするのかも。

hashimoto_entrance.jpg

これといった看板も見当たらず、通り過ぎてしまいそうな佇まい。

hashimoto_entrance2.jpg

玉売りオンリーなので、マイ丼と箸を持ってお店に行くと、
「もう売れ残って硬くなった玉しかない」とのこと。
もちろんそれでいいです!と言って、頂きました。
お店の方が随分恐縮されていましたが、いやいや、
私たちが来るのが遅かったわけで。。。

hashimoto_mise.jpg

お店の中は、やっぱり製麺所ですよね。粉も箱もあるし。

hashimoto_udon.jpg

うどんです。
ゆで置きなのでコシはあまりありませんが、
エッヂが立っていて、つるりとしたピカピカ麺です。
美味しいです。

また早い時間に行ってみたいと思います。
posted by mayu_october at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん部(仮設) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

赤坂うどん(赤坂製麺所)

讃岐うどん食い倒れの旅 vol.4

次に向かったのは「赤坂うどん」です。

akasaka_entrance.jpg

akasaka_entrance2.jpg

駐車場には他府県ナンバーの車がずらり。
ここも超有名店です。

akasaka_caution.jpg

「いっぱ〜い、に〜は〜い、さ〜んば〜い」とノリノリな声が
外に聞こえてきました。
声を出しているのはココの女将さん。

正にFunky Mama!! 
四国のDJはこの方をゲストに呼ぶべきです!!

「一人分冷たい出汁のをねぎつきで!」とここの流儀に従って注文すると
「おっけ〜い!」とこれまたノリノリなお返事。
営業時間中ずっとこのテンションで、疲れないのでしょうか?

akasaka_diner.jpg

半露天のようなところで頂きます。

akasaka_udon.jpg

もっちもちで、柔らかいのになかなか噛み切れない、しなやかな麺です。
ちょい細めでつるんつるん。
何となく穴吹製麺所の麺を思い出しました。(似ていない気も。。。)
女性的な麺です。
いりこもがっつり効いています。
パッと見醤油がきつそうですが、そうでもないです。
これは美味しい♪

ファンキーな女将さんと、ファンタスティックなうどんが印象的なお店でした。
posted by mayu_october at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん部(仮設) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。