2007年06月17日

塩原元湯温泉 元泉館

いよいよ「新津温泉アワアワ事件」の謎に迫る旅」も最後の一湯となりました。
(結局行ってから6ヶ月も経過しましたけど。。。)

日がどっぷり暮れてもなお、湯巡りの勢いを止めるわけには行かず、
粘って最後にもう1湯入っていくことにしました。

温泉好きには有名な(?)「会津西街道」。
会津から塩原に抜ける、東京方面への最短ルートです。
下道とはいえ信号の少ない快走路でもあり、東北方面の湯巡りの際に散々通っている道なのです。
で、その会津西街道をひた走り、塩原温泉郷へ向かいます。

塩原温泉郷の1つ、「塩原元湯温泉」には3つの温泉宿があり、
どこもいいお湯を擁しています。
今回の湯巡りは「元泉館」で〆ることに。

外観は暗くて撮れませんでした。

gensenkan.jpg

内湯です。
結構大きめな浴槽に微白濁の湯が注がれ、掛け流されています。

あと、露天もあったと思います。
メモも紛失し、記憶が定かでありません。。。
posted by mayu_october at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東甲信越地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

咲花温泉 ホテル平左エ門

次に向かったのは、同じく咲花温泉の「ホテル平左エ門」です。

hirazaemon_entrance.jpg

男女別内湯&露天各1です。

hirazaemon_uchiyu.jpg

内湯です。
定員10人弱位、かまぼこ型の浴槽に明るめの緑色の湯が注がれています。
明るめに見えたのは光の具合からかも。。。

hirazaemon_yuguchi.jpg

投入量は少なめで、結構ぬるめです。
柳水園の後だとちょっと分が悪いかも。

hirazaemon_roten.jpg

露天です。内湯浴室からつながっています。
(男湯の方は露天と内湯が分かれていました)
定員2〜3名位の小さな浴槽に、これまたかなり絞り気味に湯が投入されています。
かなりぬるめです。
川を眺めながらの入浴は気持ちいいかもです。
posted by mayu_october at 22:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 関東甲信越地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

咲花温泉 柳水園

次に向かったのは咲花温泉。
月岡〜荒川峡温泉郷〜五頭温泉郷〜咲花温泉と、このエリアは
いい温泉があちらこちらで湧いているのです。
以前「湯元館」に行ったのですが、他もいいとのことでしたので
今回「柳水園」「ホテル平左エ門」に行ってみました。

まずは柳水園。

ryusui_entrance.jpg

男女別内湯各1です。
この日は宴会で昼から大賑わいだったものの、お風呂はガラガラでした。
普段はとても混んでいるのだとか。

ryusui_bath.jpg

おおおおおっ!
定員6名ほどの浴槽から、かなりの量の掛け流しです。
写真でうまく写せませんでしたが、緑色の透き通った美しい湯であります。
浸かるとびしっと熱め。つるきし感もばっちりあります。
ちょびっと黒い湯花も。
「いい湯に浸かっている感」をぞくぞく感じます。
いやー素晴らしいっ!

ん?

ryusui_yuguchi.jpg

わーーー変な湯口ーーーー!

少年がまたがった魚のようなものの口からだーーーっと湯が注がれています。
一見西洋風なんだけど、和のテイストも忘れない。
正に湯口のオリエント!!!何書いてんだか自分でも分かりません。

ryusui_otokoyu.jpg

男湯は目玉おやじ風湯口から湯が注がれています。

「リラクゼーションの殿堂 温泉映像部」に動画をアップしました。

というわけで、とても気に入ってしまいました。
posted by mayu_october at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東甲信越地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

出湯共同浴場

次に向かったのは、出湯温泉にある「出湯共同浴場」です。
お寺の境内にある「華報寺共同浴場」に以前行ったので
今回はもう1つの共同湯、出湯共同浴場へ行ってみました。

deyu.jpg

デカイ看板に吸い寄せられるように入口へ向かいます。

男女別内湯各1であります。
中は比較的最近改装されたのか、新めな感じでした。
小さめの浴槽に透明湯が注がれ、掛け流されています。
結構ぬるめです。
マイルドですっきりしたお湯です。

毎日入るにはこんなお湯がいいなと思いました。
posted by mayu_october at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東甲信越地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

雲母共同浴場

次に向かったのは「雲母共同浴場」です。
「雲母」と書いて「きら」と読むとか。

kira_entrance.jpg

おおおおお!し、渋〜い!
どこかバスの待合所のような風情。

男女別内湯各1です。

kira_bath.jpg

浴室は比較的最近改装したようで、新しい感じです。
定員2名ほどの小さい浴槽です。セルフ掛け流し方式。
透明の湯が満たされていました。
源泉の蛇口には白い湯花が付着しています。

源泉は熱くて触るのが結構しんどいくらい。加水して入ります。
白い湯花が少しだけ舞っていました。
ほんのり温泉臭。

「リラクゼーションの殿堂 温泉映像部」(名称変更しました)に画像をアップしました。


kira_yugenuki.jpg

見上げると、変わった湯気抜きがありました。
ブロック塀の飾りver.?

kira_ura.jpg

お風呂から出て、裏に回ってみたら、こんな感じでした。
posted by mayu_october at 08:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 関東甲信越地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。