2007年08月09日

庄川温泉 三楽園

昨年8月の「火サス 22時41分頃の旅」の続きです。

今回の旅最後の湯は、庄川温泉「三楽園」です。
砺波の市街地から見て、湯谷温泉の手前にある温泉旅館です。

sanrakuen_entrance.jpg

立派な旅館です。

sanrakuen_insen.jpg

浴室に向かう通路にある仏壇の手前に飲泉場があります。
しっかり炭酸+金気味!この源泉が一番良かったかも。。。
(写真ボケちゃってすみません。。。)

浴室は「鳥越の湯」と「らく楽」の2つです。

sanrakuen_bath1.jpg

sanrakuen_bath1roten.jpg

鳥越の湯は内湯+露天です。
多分温泉でなく湧き水か何かを加熱循環しているのだと思ったんですが、
HPには「2つの温泉」とあるし。。。???
もしかすると源泉使用かもしれません。
塩素臭無色透明です。
浴槽は天然の素材を使用しているとか。

「らく楽」は内湯と半露天(テラス風)の3つの浴槽があります。

sanrakuen_bath2.jpg


内湯の1つは「鳥越の湯」同様塩素臭無色透明の加熱循環。


sanrakuen_bath3.jpg

もう1つの内湯は半露天とつながっています。
こちらはほんのり濁っていた気がします。

sanrakuen_bath3roten.jpg

半露天のこのお湯が一番温泉らしさが感じられる湯でした。
半循環で、茶色に濁っています。
確か塩素臭はあまりなく、金気臭も感じられました。

源泉温度が低いので、やむなしかもです。
非加熱源泉浴槽があれば、アワアワな湯を楽しめたかも。

てなわけで、この旅はこれにて終わりです。
1年も経ってしまったんだな〜。(遠い目)
ラベル:温泉 富山県
posted by mayu_october at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部北陸東海地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

天神山温泉

昨年8月の「火サス 22時41分頃の旅」の続きです。

続いて向かった先は「天神山温泉」です。

tenjinyama2.jpg

おおっ!なかなかの鄙び系。
と思いきや、

tenjinyama.jpg

ホテル部はちょっと年季は入っているものの、なかなか立派な建物です。

tenjinyama_entrance.jpg

ホテルの裏に日帰り入浴施設があります。
日帰り入浴の人はこちらから入ります。


激混みだったので写真はありませんが、男女別内湯各1です。
大きい浴槽と小さい浴槽があり、ちょっと緑っぽく濁ったお湯が注がれています。
オーバーフローはなしでしたが、吸込口は未確認です。
たぶん掛け流しだとは思いますが。。。
湯口の湯はちょっぴり塩味で、浴感はほとんどありませんでした。


一応この後も湯めぐりの予定はあったのですが、
旅館の湯が恋しくなり、この日はこれでおしまいにしちゃいました。
何と言っても「湯谷温泉」ですもんね。

ラベル:温泉 富山県
posted by mayu_october at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部北陸東海地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

さんがの湯

昨年8月の「火サス 22時41分頃の旅」の続きです。

つづいて訪れたのは、「さんがの湯」。同じく富山の温泉銭湯です。

sanga_entrance.jpg

sanga_art.jpg

入り口のすぐ横にある橋。
ななな、何なんすかこの欄干は。。。
アート心のない私にはなんとも不気味不思議な欄干です。

sanga_bath.jpg

お風呂です。
うわっ!強烈なパープル色!あちゃー
浴槽3つのうち2つがこの紫色のハーブ風呂で、もう1つは漢方風呂。

温泉じゃない。。。

とがっくりするのはちと早かった。
漢方風呂の蛇口をひねると、じゅわわわ〜〜〜〜と炭酸がはじけまくりの冷鉱泉が出てきました!
塩+炭酸金気味。これはポテンシャルの高い湯です。

この源泉風呂に入りたかったなあ。。。
posted by mayu_october at 13:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 中部北陸東海地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

伏木温泉

昨年8月の「火サス 22時41分頃の旅」の続きです。


次に訪れたのは、伏木温泉。
富山の温泉銭湯です。

fushiki_entrance.jpg

fushiki_bath.jpg

典型的な温泉銭湯的佇まいです。
向かって右の茶色の湯が源泉です。
浴槽内は若干塩素臭。半循環ですが、吸込口は未確認です。
かな〜り濃い味噌汁色で、透明度はほぼゼロに等しいです。

fushiki_bath2.jpg

蛇口をひねると冷鉱泉がどしゃどしゃ出てきます。
強めの鉄味でした。
posted by mayu_october at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部北陸東海地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

指崎の湯

昨年8月の「火サス 22時41分頃の旅」の続きです。

次に向かったのは「指崎の湯」です。
以前定休日で入れず、今回リベンジであります。

sassaki_entrance.jpg

sassaki_tank.jpg

大混雑で、写真は撮れませんでした。
男女別内湯各1です。
定員8人ほどの浴槽です。
半循環とのことでしたが、吸込口は確認できませんでした。
黄味がかり、ほんのり濁っています。
若干ベタベタする肌触りです。
金気風味の、塩系のかつおぶし出汁味でした。
ラベル:富山県 温泉
posted by mayu_october at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 中部北陸東海地方の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。